カエルの置物でお金が返る!

カエルの置物でお金が返る!

カエルの置物でお金が返る!

カエルの置物も招き猫同様、金運を招く縁起物の1つとされている。

というのは、「財布から出ていったお金がまだカエル」、あるいは「栄える」(サカエル)といった、いわば語呂合わせの縁起物となっているわけである。

そのため、財布の中に入るような、小さなカエルのオブジェが金運あやかりグッズとして、それこそ飛ぶように(この場合は跳ねるように、か・・・)売れていたこともある。

もっとも、単なる語呂合わせだけではない。

カエルは、風水などでも昔から吉祥の動物とされていた。

しかも、3本足のカエルが特に霊性の高いものとして尊ばれていたのである。

そこで、カエルの置物を、招き猫と同じように家の玄関に置いておくのだ。

招き猫の場合は人や金を招くのが常だが、カエルの場合は使ったお金が返ってくるというわけだ。

そして、そのカエルの置物に対して、外出するときには、「今日も、外に出て行くお金が何倍にもなってカエル(返る)ことができますように」と願を掛け、帰宅したときには「今日も、無事にカエル(帰る)ことができました。ありがとうございます」と、一日の行いを振り返る(省みる)とともに、感謝の言葉を掛けるようにするとよい。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional